TOP > 学校紹介 >部活動紹介 > 陸上部 > 男子駅伝部(陸上部長距離ブロック)

◆男子駅伝部(陸上部長距離ブロック)◆

3000mSC堂々7位入賞 5000m日本人8位の健闘
※画像はクリックで拡大できます
顧問 西村 武志 ・ 猪股 博文
部員   3年 2年 1年 合計
男子 22

 みなさん、こんにちは。西京高校男子長距離部です。今年度は、西村武志新監督のもと22名の部員が年末の全国高校駅伝での3位入賞をはじめ、各種大会での個々の成果に向けて、高い意識・目標を持って練習に励んでおります。最善のコンディション作りを意識して、食生活や睡眠時間などにも十分配慮して日々の生活を送っています。部の基本姿勢である練習環境に対する感謝の気持ちを胸に、早朝の清掃活動などの奉仕活動も積極的に実践し、人間性の向上に重点をおいています。  
 競技においては、県高校総体において初日の1500mで中村駆(3年)が大会新記録となる3′51″45のタイムで優勝、第2位福本真大(3年)、第4位雲井峻太(2年)と、出場3名が中国大会への切符し好スタートを切ると、2日目の5000mでも優勝中村駆、第2福本真大、第4位花田凌一(3年)と順当に勝ち上がりました。3日目の3000m障害では、前日の予選で8′59″18という圧巻の大会新記録を出した野田一輝(3年)が、決勝でも圧倒的な強さで優勝し、第2位石田大輝(2年)、第5位谷村龍生(2年)とやはり3名とも中国大会行きを果たしました。800mは1年生の吉井道歩が第6位に入賞したのみであったものの、参加した藤井泰良(2年)、仲山大輝(1年)の2名も各自のベストを更新しての大会終了となり、大変実りの多い大会となりました。  
 今後も中国大会・全国大会と進む中で更なる成長を遂げ、夏期の鍛錬期を経て、秋の記録会、そして最大の目標である全国高校駅伝3位入賞へ向けて、主将の花田凌一を中心に着実にチーム力を高めていきたいです。  
 以上のようなチームの運営に際しては、陰に日向に、保護者や学校関係の方はもちろん、地域の方など多くの方々からも暖かいご支援をいただいております。加えて、雨天時の練習に幅を与えてくれる全天候型の500mトラックや列車で通える範囲にあるセミナーパークのクロカンコースなど、物心ともに恵まれた環境に対する感謝の気持ちを忘れずに、本年もチーム一丸となって目前のハードルを一つ一つ確実に乗り越えていきますので、今後ともご声援よろしくお願いします。  

主な活動実績(H26年11月〜H27年8月)
26年 11月 山口県高校駅伝大会  優勝
(22連覇:全国高校駅伝出場合計27回目)
11月 中国高校駅伝大会 第1位
(山口県記録更新:2時間5分22秒)
12月 全国高校駅伝大会 第16位
27年 1月 全国都道府県対抗男子駅伝
山口県チーム16位
(西京生:中村(1区)・野田(4区)・花田(5区)出場)
5〜6月 山口県高校総合体育大会 男子 800m 6位 吉井 道歩
男子1500m 1位 中村 駆,2位 福本 真大,4位 雲井 峻太
男子5000m 1位 中村 駆,2位 福本 真大,4位 花田 凌一
男子3000mSC 1位 野田 一輝,2位 石田 大輝,5位 谷村 龍生
6月 中国高校総合体育大会
(島根:浜山)
男子1500m  1位 中村  駆
  ※中村 駆 決勝タイム 3分50秒58は 大会新記録・山口県記録更新
男子5000m   2位 中村  駆(日本人第1位)
男子3000mSC  5位 野田 一輝  7位 石田 大輝
全国高校総合体育大会
(和歌山)
男子1500m   4位 中村  駆
  ※中村 駆 決勝タイム3分49秒28 は山口県記録更新
男子5000m   出場 中村  駆
男子3000mSC  6位 野田 一輝
(平成27年8月)
戻る
Copyright(C)山口県立西京高等学校. All Rights Reserved.